本文へスキップ

「もったいない」から「ありがとう」へ フードバンクふじのくに

フードバンクとはabout food bank


もったいないからありがとうへ。フードバンクふじのくに


私たちの目的

私たちは安全に食べられるにもかかわらず処分されてしまう食料を、企業や個人から寄贈を受け、生活困窮者等、支援を必要としている人に適切に配るフードバンク事業を地域の仕組みとして確立させ、相互扶助の社会作りを目指します!


食品ロスの現状

日本では、食料自給率が4割(カロリーベース)を切っているにも関わらず、印字ミスや外箱の破損等の理由で流通させることができずに処分せざるを得ない食料は年間約5〜800万トンと言われており、これは日本の米の生産量に相当します。農林水産省のページ


フードバンクとは?

フードバンクとはパッケージミスや外箱の破損など安全に口に入れることができるのにも関わらず既存の流通ルートに乗らず、捨てられてしまう食品を行政や社会福祉協議会、生活困窮者支援団体を通じて生活困窮等の理由により、食の支援を望む方や福祉施設に提供することで自立への支援や生活を図る活動です。

フードバンク関係図−フードバンクふじのくに

よくある質問はこちら



フードバンクに利用される食品

  1. 中身には何の問題もないが、外箱に傷がついた又は印字ミスをしてしまい、売り物にならなくなった商品
  2. 収穫シーズンに採れ過ぎてしまった農産物の過剰品や、サイズが合わないため売れない規格外品
  3. 生産工場などで、欠品を出さないために作られた余剰品
  4. 官庁や企業が、職員のために備蓄した防災品のうち、期限が迫ってきたもの
  5. 賞味期限まではまだ間があるが、小売店などで販売する期限が切れてしまったもの

※賞味期限切れ、または賞味期限が間近で消費が困難な商品などは利用できません。